たまりづけ日記

イラスト描いたり、お弁当作ったり。そんなたまきちの日記 ※ほぼごはん記録!

さくらももこ

たまきちです。

昨夜、寂しくてたまらないニュースが。

 

さくらももこさんがお亡くなりになりました。

 

 

ブログで書いたことがあったか忘れてしまいましたが、

私・・・大ファンなのです。

部屋の本棚はすべてさくらももこです。

 

 

朝からテレビでもとりあげられ、

寂しくて、寂しくてしょうがないです。

 

 

小さな頃から「ちびまる子ちゃん」を観ていて

常に身近なそんざいでした。

私の名前が「たまちゃん」だから、まる子ちゃんは特別な存在です。

音楽の先生に誘われ、なんとなく参加したNHK合唱コンクールの課題曲は、

さくらももこが作詞したものでした。

なんだか気になってエッセイを読み、気付いたらファンになってました。

 

 

 

就職して、一人暮らしして、

わんわん泣いてお母さんと別れたのに

すぐに退職して実家へ帰ってきた。

 

というエピソードがありまして

私は全く同じ経験をしたことがあり、

それを読んでから「さくらももこって私かもしれない」と変な感情移入をするようになりました。(笑)

 

 

一人旅をするようになったのも、すごく影響をうけています。

 

エッセイ本のなかで世界中を飛び回っている様子を読み、

強くあこがれ、私も同じことしたいな~と。

(海外へ行く勇気はないので国内ですが。)

 

 

一番好きな作品は「コジコジ」です。

何度もイラストを真似しました。

 

 

 

あんなに健康オタクだったのに

あんなに病気を嫌っていたのに

乳がんで亡くなるなんて

 

 

 

もう新しい作品を見れないだなんて。

いろいろなことを真似してきました。

中国茶が好きだというので、私も好きになろうと頑張ったことも。

(結局好きになれなかった。笑)

これから新しくさくらももこが興味をもつことを、楽しみにしていました。

真似するのを楽しみにしていました。

 

 

 

 

私の憧れでした。

 

 

 

 

 

 

喪失感しかありません。